よくある経理の悩み。クレジットカードも使いずらい、、、
会社員の副業で経理作業をするのは、結構大変
Menu

会計ソフトは、ミロク情報サービスの会計事務所用ソフトを導入 2018年1月18日

主体は、新規事業を試験段階から稼働させ、軌道に乗るようにマネージメントシステムを作る事です。

その一環で、各種システム開発を行っています。クラウドワークは、反復練習用です。

経理関係の仕訳処理や確定申告、節税対策と言った事では、本業がそちら関係なので困ったことはありません。が、むしろ余計なことまで知ってしまっているので、やたらと細かい変な作業を増やし、作業自体が多くなり過ぎてしまい、結局、何もできないまま時間が過ぎてしまう。あとは、完全な専門家ではなく、専門家のサポートなので、知らない情報をどう仕入れたら良いのかが、難点。かと言って、専門家を雇う程の経済力がある訳でもないので、地道にやらざるを得ない。
現状、領収書整理や各種管理簿もつけられるような時間を作ることができない。それが、他の業務にも波及しているので、なるべく人を使わずに、うまく回るようなシステム開発をし、実行できればと思う。

会計ソフトは、ミロク情報サービスの会計事務所用ソフトを導入し、自計しています。会計事務所専用ソフトなので、とにかく申告に関わるものは、ほとんど全て会計データが取込み・連動しています。
その代わり、毎年の決算や他では得られない情報が若干でもはいってくる。
それでも、二足の草鞋状態なのでもう少し時間を上手に有効活用できるように、システム構築ができれば良いと思う。

ただ、会計ソフトへの入力スピードは、早い方だと思いますので、本来であれば、得られるはずではなかった時間も、若干でも上手に活用できているとは思うので、より一層、業務の合理化を行い、各種売上高に結びつけられるようにしていきたい。ただ、資料が汚いと見る気力がなくなるので、資料整理は行いたい。

今、ミロク情報サービスの会計事務所専用ソフトを使用していますが、会計事務所にお任せの場合ですと、もし、会計事務所とで不都合があった場合、乗り換えができてなくなるので、汎用性の高い市販ソフトを購入された方が良いかと思う。最近では、会計ソフトだけでなく、給与ソフトなんかも、クラウドになっているが、値段が安いだけあって、通常処理できるはずの帳票類が出ないこともあるので、一番は、購入するソフトが汎用性があるのか、どの程度の帳票が出力できるのかを検討した方が良い。

会計ソフトは、ミロク情報サービスの会計事務所用ソフトを導入 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 経理大変